【FX自動売買】運用中!おすすめトラリピ設定公開!【3通貨ペア】

こんにちは、トラリピ全集中マンのじゃんです。

マネースクエアのFXトラリピ(自動売買)をはじめて1年が経過しました。(20205/5~)

トラリピをはじめた頃は、口座開設しただけで満足してました。

まだ、はじまってないのに…。笑

じゃん
じゃん

・運用設定が決まらず、トラリピが始められない…。
・先人たちの設定を参考にしたものの、少し不安だな…。
・どのように設定変更、更新していいか分からない…。

そんな悩みを持たれている方に向けて、じゃんおすすめトラリピ設定を公開します!

もちろん、私もまったく同じトラリピ設定で運用しています!!

  • 運用設定をマネして、自動売買をすぐにはじめることができる。
  • リスクの把握、リスク管理によって不安をやわらげる。
  • じゃんと同じ資産運用ができる。運命共同体!笑

ちなみに実績としては、直近1年間の利益金額は約100万円でした。年利は約10%でした。

期間損益報告書(2020/5/8~2021/5/8)

※詳細な年利については、こちらの記事をご覧ください。

投資は自己責任でお願いします。

まだ口座開設されてない方にも、ご参考になれば幸いです!
トラリピに興味を持っていただければと思います。
無料で口座開設(マネースクエア)はできますので、興味があればご検討ください。

マネースクエア

【はじめに】運用方針(全通貨共通)

トラリピ設定を決めるにあたり、3つのポイントについて決める必要があります。

トラリピ設定を決める3つのポイント

① 想定レンジ
② 想定ロスカット
③ 利益値幅/トラップ幅/決済トレール

③については3項目ありますが、すべて関連しているので1つにまとめています。

① 想定レンジは直近10年以内の為替相場から読み取って決める

あまりに古い情報に、意味はありません。

ここ10年、目まぐるしい変化を遂げてきた世の中に対して、10年以上前の情報に意味はあるでしょうか。

たとえば、会社の上司に「昔は、深夜まで会社に残って仕事したもんだ。」みたいな話を聞きます。

しかし、それを聞いて「よし、じゃあ上司を見習って深夜残業して頑張ろう!」となるでしょうか?

今どき、このご時世に昔の考え方・やり方が通用するとは思えません。

じゃん
じゃん

なぜ直近10年としたのか?

経済危機となるような大暴落が起きるのが、10年に1度と言われているからです。

世の中の動向を踏まえて、直近10年の為替相場から想定レンジを読み取ります。

じゃん
じゃん

どうやって読み取るか?については、
各通貨ペアの項目で解説します!

② 想定ロスカットは直近の暴落を参考にして決める

直近の暴落だけの想定で、大丈夫?

直近の暴落である『コロナショック』を想定します。

①想定レンジと同様、古すぎる情報は必要ありません。

たとえば、カナダドル/円のチャートを振り返ると、過去最安値は58.24 円(1995年4月)でした。

カナダドル/円の過去チャート

ロスカットを58.24円まで想定してトラリピ設定をすると、超安全設計にはなります。(いわゆる、過剰品質。)

そのため、資金効率はかなり悪くなり、利益(リターン)を見込めません。

ちなみに、リーマンショックで68.42円(2009年1月)、コロナショックで73.88円(2020年3月)を記録していました。

じゃん
じゃん

直近の暴落(コロナショック)の想定だけとは…。
リーマンショックは考えなくて大丈夫か?

今回、3通貨ペアの運用による“通貨分散”によりロスカットのリスクヘッジができています。

もちろん完全にリスク回避ができるわけではなく、3通貨ペアが一斉に大暴落した場合は、あきらめる!

もしくは、資金追加してやり過ごすしかありません!

じゃん
じゃん

万事において、リスクとリターンはトレードオフ!
ときには、いさぎよい決断(損切り)を!

③ 利益値幅/トラップ幅はヒストリカルデータ分析で決める

利益値幅/トラップ幅の決め方が最も難しいです。

私の場合は、直近2年のデータから上げ値幅と下げ値幅を平均化し、決めています。(詳細は…いつか記事にします!笑)

特に利益値幅/トラップ幅は、為替の値動き(ボラティリティ)が大きく影響するので、直近2年としています。

ネットで検索するといろいろな算出方法で求められており、よく目にするのがATR(Average True Range)を用いて、利益値幅を算出する方法です。

ただ、私はあまり納得できず…腑に落ちませんでした。

ATRについては、こちらのサイトがとても分かりやすいのでご参考ください。

じゃん
じゃん

本当にそれが最適なの?

極論!!!未来は誰も分かりません。

これが最適とは言えません。私自身は最適だと信じていますが!笑

1か月後、半年後、1年後…「“結果的に”この値がベストでした!」となるだけです。

とは言え、予測しなければ何もはじまりません。

あくまで“頼りどころがないから”、ヒストリカルデータやバックテストで最適であろう解を求めているのを念頭に置いておきましょう。

1.カナダドル/円 (CAD/JPY) ※2021/8/3更新

カナダドル/円のトラリピ設定

トラリピ設定としては4つの注文です。

運用金額:200万円

① 想定レンジ/② 想定ロスカット

想定レンジ:84.0~93.0円 ※買いのみ

想定ロスカット:73.6円

③ 利益値幅/トラップ幅/決済トレール

利益値幅:0.3円 ※決済トレールあり

トラップ幅:0.2円

2.豪ドル/NZドル (AUD/NZD)  ※2021/5/10更新

豪ドル/NZドルのトラリピ設定

トラリピ設定としては4つの注文です。

運用金額:200万円

① 想定レンジ/② 想定ロスカット

想定レンジ:1.01~1.25NZドル ※買いのみ

想定ロスカット:0.997NZドル以下 ※NZD/JPY:100円想定

③ 利益値幅/トラップ幅/決済トレール

利益値幅:2.8NZドル ※決済トレールあり

トラップ幅:2.0NZドル

3.ユーロ/英ポンド (EUR/GBP)  ※2021/5/10更新

ユーロ/英ポンドのトラリピ設定

トラリピ設定としては4つの注文です。

運用金額:200万円

① 想定レンジ/② 想定ロスカット

想定レンジ:0.79~0.94ポンド ※売りのみ

想定ロスカット:0.953ポンド以上 ※GBP/JPY:200円想定

③ 利益値幅/トラップ幅/決済トレール

利益値幅:3.2ポンド ※決済トレールあり

トラップ幅:2.0ポンド

【さいごに】ポイントまとめ

FXトラリピ設定ポイント一覧

私のこれまでの経験と実績から、トラリピ設定を組みました。

じゃん
じゃん

こう見えて理系出身なので、頑張ってロジカルに考えました。
正解はないです。異論は認めます!笑

  • 運用設定をマネして、自動売買をすぐにはじめることができる。
  • リスクの把握、リスク管理によって不安をやわらげる。
  • じゃんと同じ資産運用ができる。運命共同体!

投資を始めたばかりの初心者の方、じゃん的トラリピ設定を参考にしてみてはどうでしょうか?

もちろん、トラリピをすでにやっている方も、ご意見・ご感想などお待ちしています!

まだ口座開設されてない方にも、ご参考になれば幸いです!
トラリピに興味を持っていただければと思います。
無料で口座開設(マネースクエア)はできますので、興味があればご検討ください。

マネースクエア
/*【ここから】Pinteresの保存ボタン追加*/ /*【ここまで】Pinteresの保存ボタン追加*/